待機児童ゼロに向けて

待機児童ゼロに向けた取り組みと背景

沖縄県では保育を支える保育士の確保や施設の拡充に向けた
総合的取組をはじめます。

核家族化や共働き家庭の増加、雇用形態の多様化等、社会経済情勢の変化に伴い保育ニーズは増加しており、国・県・市町村一体となって待機児童対策に取り組んでいるところです。しかし、保育所の増設等による定員増を図ってもなお待機児童が存在する背景は、市町村の窓口でカウントされた待機児童以外にも、保育所による保育を希望する潜在的なニーズ(潜在的待機児童)が存在するためです。

そこで、沖縄県では、平成29年度末までに、潜在的待機児童を含む待機児童ゼロを目指して、各種支援事業を実施します。

沖縄県保育士・保育所総合支援センターの役割

保育所入所待機児童の解消を図るため、保育士の就労支援や認可外保育施設の 認可化移行のサポートなどを行います。

認可化促進サポート事業
認可化に伴う課題を解決し、具体的支援を行います。
  • 認可外保育施設の認可化に伴う課題を解決し、具体的支援を行います。
  • 県・市町村が実施する認可化移行支援事業の施策(補助金等)の情報提供を行い、申請等のサポートにむけた相談や、書類作成等の支援を行います。
  • 認可化移行に向けた説明会や勉強会を開催し、認可化促進を図ります。
保育士就労サポート事業
保育士就労コーディネーターが対応する受付窓口を設置し、 保育士就業についての支援を行います。
  • 保育所の募集情報を提供したり、求職者のニーズにあった就労先を紹介します。
  • 保育所に勤務する保育士からのご相談や、保育士資格を取得したい希望者からの相談を受け付けます。
  • 採用募集の登録会を開催したり、常時受け付けできる窓口が設置されます。
賃貸物件マッチング支援事業
保育所に適した土地や建物の物件情報、賃貸または売買の両面から物件のマッチング支援
  • 保育所に適した土地や建物の物件情報を提供し、賃貸または売買の両面から物件をマッチングできる支援を行います。
  • 保育所設置を希望する法人等へ、設置にむけた事前調整を行います。
  • 分園などを希望する保育所等へ、管内市町村との調整等の分園サポートを行います。

上記の三事業は支援センターの事業です。是非ご相談下さい。

沖縄県保育士・保育所総合支援センター事務局 098-857-4001

沖縄県那覇市小禄1831-1(沖縄産業支援センター 4F 413号室) 開所時間/月~金:9時~19時 土:9時~17時 日曜・祝祭日:定休日

イラスト

そのほか、県、市町村において、待機児童解消に向けた取り組み。

<保育所緊急整備事業>
社会福祉法人に対し、認可保育所の新設、増改築等に要する費用の一部を補助します。 詳しくは市町村の窓口まで。
<認可化移行支援事業>
要件を満たす認可外保育施設が認可化を希望する場合、施設整備費(上限5000万円)及び認可化移行までの間、運営費を補助します。詳しくは市町村の窓口又は保育士・保育所総合支援センターまで。 ※運営費は保育士の割合で単価が異なります。 (例:保育従事者がすべて保育士の場合、0才児は月額10万7千円)
<保育士修学資金貸付事業>
保育士資格の取得を目指す学生の修学資金を支援します。 詳しくは沖縄県社会福祉協議会まで。

ページの
先頭へ