介護休業給付金とは❓

2018.08.13
介護休業給付金とは❓
介護休業期間中の被保険者に賃金月額の最大67%を支給する給付です。(非課税)
      手続きは、原則として会社(事業主)がおこないます。
1.支給要件(受給資格)
●対象家族を介護するために介護休業を取得した雇用保険の被保険者で、介護休業開始日の前2年間賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12か月以上あること
○有期雇用の従業員の受給資格
 ・これまでの雇用期間が1年以上
 ・取得予定日から約9ヶ月(93日+6か月)を経過するまでに、労働契約(契約更新する場合は更新後の契約)の期間を満了することが明らかではない。
2.対象となる労働者
●原則:要介護状態にある対象家族を介護する従業員
 ※対象家族とは? 2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態にある以下の家族
  配偶者、父母、子、祖父母、兄弟姉妹、孫、配偶者の父母
3.対象とならない労働者
 ・日々雇用される従業員
 ・労使協定の締結により対象外にできる従業員
  (雇用期間が1年未満、申出日から93日以内に雇用期間が終了予定、1週間の所定労働日数が2日以下など)
 ・これまでの雇用期間が1年未満の有期雇用の従業員
 ・取得予定日から約9ヶ月(93日+6か月)を経過するまでに、労働契約の期間の満了することが明らかな有期雇用の従業員
4.期間・回数
 対象者1人につき3回、通算して93日までの間で従業員が申し出た期間
(詳細は、きら*きら 2017年12月号ご参照ください)
お役立ち情報➡ライブラリーより「きら*きら」閲覧可能です

< 一覧に戻る

ページの
先頭へ